inukimotop3.gif

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

links

categories

archives

3/18大荒れの天気〜映画「ひまわりと子犬の7日間」

1
JUGEMテーマ:いぬのきもち

昨日はお休みでした。(と仕事のようなものが午後7時から
あり、先ほど帰ってきました。)
ここの所、バタバタと本来の仕事以外の仕事が
増えて、体以外の疲れの為、映画を予定しておりました。
それと今年の「桃」をと思ってました。

映画はもちろん「ひまわりと子犬の7日間」
前回の「フランケンウィニー」の時にも書きましたが、
近くでやってない!!だから朝から和歌山市行き…。
しかも朝一番に行く為には家を遅くとも、7時30分前には
出ないと間に合わない。
起きれたらね…。

案の定、起きれたのは8時30分回ってましたとさ。
2回目に行くのはまだ楽だったのですが(午後2時から)
終わったらすぐリターン(その仕事のようなものが7時からの為)

今回はカーナビ君、今までとは違う道を行ってくれた為、
時間通りに到着、この時点でもゴーゴー風が吹いてました。
hima02
hima03
うわぁー!!
hima04
車の中がええ

お昼はパン屋さんで買ってきて、MAYさんと一緒に昼食。
(この後、2時間も車で留守番だからね)

【重いテーマでごめんなさい。「ひまわりと子犬の7日間」】
hima01

先日の鹿さんのワン友さんの話にも通じるけど、難しいテーマ
だもんね。私が以前にお話しした「犬と猫と人間と」は実際の
殺処分のドキュメンタリー映画ですが、重くなりすぎてもいけない
軽すぎてもいけない。そこを上手くつなぎ合わせていたと思います。
私の母を含む少し前の人や特に関心のない人からすれば、犬が人を
噛んだ…凶暴→保健所→殺処分こんな事がまかり通ってたんですね。
でも噛んだから悪い動物?なんかまるで魔女狩りみたいだね。

私がまだ未就学の子供の頃、近所で生まれた3匹の子犬。それをあげると
友達に言われ、選んだのが黒い子犬。だけど「黒い犬は不吉」と
飼ってもらえませんでした。その子犬がどうなったか?記憶が途切れて
思い出せませんが、最後に覚えているのは私は、母の自転車の後ろに
座っていた事だけ。守ってやれなかった事が、ずーっと引っかかって
いたんですよ。そもそも人生最後の相棒は、犬と考えたのもそんな
記憶が残っていたから。

MAYさんがパピーだった頃、父の腕に噛みついた事があったんですね。
なんでも噛んで覚える年ごろ、人間でも一緒でしょ?なんでも口に
入れるのと同じ、そうやって学習するんですよね。
悲壮な顔をする親に「絶対この子は守らなくては」と思いました。
(聞けば、うちの父は子供の頃、犬に噛まれて怖かったとか。
理由はあるんですよね。だから黒い子犬の話もつながるでしょ?)
甘噛みがひどかった頃、ガブリ!とされた事あったけど、痛い!!
と言えば離しました。わかるんだよね。

また近所のドッグレスキューにいた子は、最初は家の中で飼われて
いたんですが、子供を噛んだそうです。それ以降その子は外に出され、
年中繫ぎっ放し、餌だけ与えられ、犬種もわからないほど、毛がもつれ
悲惨だったそうです。近所の通報でレスキューされましたが、昨年
亡くなったそうです。

でもいつから殺処分なんて始まったんですかね?
日本が高度成長に進むにつれ、仕事の場が都会に集中し、ウサギ小屋
となった住宅で人間以外が暮らせる余地なってなかった。私が大阪にいた
頃は文化住宅(アパート)暮らしだったので、犬を飼うなんて考えた事も
なかった。

今日は試験休みか、中学生や高校生もチラホラ。

映画終わって、いざリターンと思いきや、まるで台風のような雨風。
車まで戻ると、しこたま寝ていたらしく、眠気まなこで「お帰り…」
のMAYさん。MAYさんにとっては安らぎ空間(夏以外は)なんですね。

【余談】
朝、見知らぬ人のピンポーン!
母が対応するとよく防波堤で会う、ティーカッププーの飼い主さんらしい。
調子が悪いらしく、MAYさんがどんなものを食べたりしてるか?
聞きにきたらしい。(名前とかわからないけど、MAYさんを連れた
飼い主さんは、どこか?近所で聞いたらしい。)私はそのやり取りを
聞きながら…ご飯をしてましたが…。これとこれと…もうあらへんけど
また買わな…(おいおいそれも、これも私が買ってるんだが???)
これを機に真剣に「いぬのきもち」を読むようになってくれればいいのだが。
















「星守る犬」

0

    「人は皆、生きてゆく限り、星守る犬だ」
    6月11日のスタートから4日目。
    15日「星守る犬」を見てきました。
    今回は「いぬのえいが2」と違い、
    隣町でもやってたのでラッキーでした。
    平日の1番の狙って…本当はMAYも
    一緒に来る予定でしたが、
    少し薄日が差し始めていた為、
    2時間はきついと判断して、
    置いて行く事に。
    さすが都会の映画館とは違って
    人数的には10人前後。
    しかもほとんど人が
    「いぬの何とか…」と「星守る犬」の
    チケット窓口にて購入していました。
    昨日、実はいつもに無く、
    寝不足とストレスが溜まっていて、
    素直にこの映画が見れるか?
    心どこかで心配していました。
    しかし映像が映し出された瞬間、
    たんたんとこの映画の世界に
    引き込まれました。
    犬の映画だと思われがちですが、
    初めに書いた言葉のような
    人間の映画だと思います。
    (原作を読んでいれば直の事、
    でも原作以上に内容盛りだくさん)
    映画は人と人の交わり、
    それはある時は、職場であり、
    年老いたものであり、親子であり、
    夫婦であり、赤の他人であり、
    こんな世の中であるから…
    起こりうる事が、小出しに
    ちりばめられています。
    そして、その間を上手に
    埋めてくれているのが、
    かけがえのない相棒達の存在です。
    難しい問題ばかりなのに、
    上手く編集できていると思いました。

    やっぱり例の部分では涙が
    止まりませんでした。
    (それ痛いでしょう!?
    人間にでもそんなもん
    投げんでしょう!!???)
    犬は飼い主がどんなに悪人でも、
    ゆるぎなく、無償の愛をくれる。
    初めにも書きましたが、
    私の今日のただならぬ顔を
    MAYは察していましたが、
    ドギマギしながらも距離を
    とりつつ、私のそばに居ました。
    電柱の匂いも満足いくまで
    嗅がせてくれない
    (病気とか危険な場合もあるでしょっ?)、
    毎日の散歩も…(基本的には母に譲ってます。)
    私が今まで色んなペットを飼って来て
    いい飼い主かどうかはわかりません。
    ただ、色々な出会いと別れから
    小さな命への変わらぬ愛情は
    強くなったと思います。
    MAYは、私が教えた
    「後ろから車が来たら、
    止まって後ろを見なさい。
    (注意しなさい)」を先日、
    私が忘れていて、MAYが止まった時、
    彼はずっと忘れずに
    実行している事がうれしく思えました。

    「いぬのえいが2」見てきました。

    0

      〈いぬのえいが2〉見てきました
      いつものように「無謀な計画」が実行されました。
      この映画を見て、更に
      生駒(奈良県に近い)ドッグラン「DOG RUN FIELD in OSAKA」にお邪魔して帰る言う事。
      この何日間、ルート検索に悩み(MAYからすれば、大きな御世話)
      練に練ったのは2回目の上映が11:30の「TOHOシネマズ泉北」に決定。
      この映画館に間に合うのは、家を8:30に出る事でした。
      (これ会社に行くのとあまり変わらん!)
      しかしいつもの如く「まったく行った事のない場所」に
      車で行くのは、大変です。
      8:30を少し回った所で出発。
      平日と言う事で車は、順調に走りました。


      途中「岸和田SA」にて休憩。
      「岸和田SA」は大きく、観光バスやらトラックがわんさか止まっています。
      ここには、和歌山の「紀ノ川SA」と同じ形の「ミニドッグラン」がありました。
      この前の「ウンチてんこもり」が頭を過りましたが、
      あっ!!きれいです。(朝早いから…)。
      私たちが入る前にボーダーちゃんが1匹いらっしゃいましたが
      「ごめんなさい。ヒート中なんで…」とそそくさと退出。(仕方ないけど、納得です。)
      MAYを遊ばせている間、予習を(ええ…っと次はどこで降りる???)
      そんなに余裕がないかも…と出発。
      しかし…あれ?なんか分からないうちに映画館に到着。
      (その間ネットでコピーしてきた目印と標識のズレがあり、後は感、感です。)
      なんと30分弱も早めに到着しました。(ヤッター!)
      実は一人で映画に来るのは、久しぶり。
      しかも普段は食べない「ポップコーンM」なんか頼んで見たりして
      (あれは、多すぎると思いました。)あっと言う間の1時間30分。
      いゃあー泣けました。(ちゃんとタオル持って行きました。)
      笑いました(高畑さん面白過ぎ!)。
      私はこの「2」見るの初めてなんですよ。でも考えていた事がテーマだったんですね。
      続きを読む >>

      | 1/1PAGES |