inukimotop3.gif

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

links

categories

archives

決戦の金曜日??

0
    寒い日が続いています。
    昨日はMAYさん地方も
    珍しく雪が降りました。
    いくら「南紀」といっても冬は冬。
    インフルエンザも流行ってます。
    どうぞ体に気を付けてくださいね。

    今日は1か月振りの病院。
    最近は、まったく「アンタ…病気?」
    と思えるほど元気です。
    結構不規則な勤務が続いて
    おりましたので、家にいる時間が
    長く、嬉しかったのかな。

    体重は8.64?…もう驚きません。

    結果は?
    残念、まだ少し「バベシア」が見えるそうです。
    しかし、他の値は全く正常。罹る前からすれば、
    今の方が健康的かもしれません。

    で、1本打たれてしまいました。
    帰ってからも食欲もあり、元気!!
    気分転換に、日曜は予定通り、
    大阪に行きます。


    病院の外、注射終わって帰る所


    「セラピードッグの子守歌 
          認知症患者と犬たちの3500日」
       (講談社ISBN978-4-06-282455-2定価1400円)
    私がMAYさんを迎えた理由として、
    年老いた両親のいい運動(外に出かける為の口実)
    になるのではないか?
    新しい発見(友達または知らない人と話をする)が
    出来るのではないか?と言う事でした。
    最初「誰が面倒見るの!?」と
    プンプンしていましたが、
    買い物から帰って来た母を見つけて
    嬉しそうに走って迎えるMAYさんとの
    姿はとても絵になると思いました。
    そしてどちらもが実現になりました。
    年老いた親たちは、
    誰かの為に何かしてあげる事が
    どんどん減って行きますよね。
    田舎に居ればなおの事、
    行動範囲は狭まり、付き合う人も限られ、
    特に趣味の無い人はもう何をしていいかわからない。
    現実に私自身が見ている日常でもあります。
    この本に興味をもったのは、
    以前小児病棟を訪問するラブラドールの
    話をラジオで紹介していました。
    (それも本になっています。)
    敬遠されがちな病棟に犬?とても興味が
    有りますよね。
    PCで検索していると検索された一つに
    「セラピードッグの子守歌」が出てきました。
    皆んないつかは「老人」です。
    それを止める事は出来ませんもんね。
    もし認知症と診断されても
    「セラピードッグ」を通して、
    少しでも楽しく、
    生き生きと過ごしましょう
    と言う岡山にある施設のお話です。
    あるご老人が手におえないほど
    だったのに、セラピードッグの
    日々の訪問によって、
    1日1日明るく過ごせるようになった…。
    (手が負えない事にもちゃんと
    理由があると書かれています。)

    この本は、エピソードを交えながら
    「痴呆症」「認知症」「アルツハイマー」
    って何?も難しく書かれています。
    実際、私の祖母は、私が中学の時
    「痴呆症」になり施設で亡くなりました。
    幼い頃はおばあちゃんっ子で、
    優しかった姿と反対に
    久しぶりに再会した時の
    悲しい姿しか覚えてません。
    まだ私が若かった頃だから、
    それがどう理解できたか?わかりませんが、
    もしあの時、この治療法があったなら、
    少しは楽だったかな…。と思えます。

    と言っても今は「お役人」が動かない為、
    すべてが個人負担になり、とても難しい
    状況のようです。

    読み終えて少しずつではありますが、
    これからの自分自身、近親者の問題
    として理解が出来ました。
    そして、やはり家に犬を迎えた事は、
    正解だったと思いました。

    コメント
    となりのすずりんさんへ
    こんばんは!
    人との接点がどんどん無くなり
    人間やっぱり温かみが必要ですよね。
    小児病棟でも、言葉がしゃべれなくても
    静かに見つめてくれるワンちゃんは
    強い味方ですよね。
    本の中で、あの「ヘレンケラー」さんも
    愛犬との触れ合いが救いだったそうです。
    • MAYちゃん父さん
    • 2012/01/31 12:29 AM
    シェルさんへ
    こんばんは!
    うちも、以前父がお菓子を
    ぽんぽん放り投げながら
    やっている事が有り、注意!!
    母にもあげる時は、ティッシュ
    の上に置くとか、じかに置くのは
    拾い食いするから駄目と…。
    でも一回だったら忘れてしまうん
    ですね。でも私が居ない時は
    知りませんよ。
    でもなんらかで父も接点を
    持とうとしているのは、嬉しい
    限りです。
    • MAYちゃん父さん
    • 2012/01/31 12:22 AM
    あんこしゃんママさんへ
    こんばんは!
    その表紙の「メロンちゃん」
    本当は別のワンちゃんが
    欲しかったんですって、
    で「メロンちゃん」の所には
    誰も名乗りでなくて…。
    でも「メロンちゃん」の眼力
    と賢さで成長を遂げたそうです。
    こうやって少しでも悲しい
    結末のワンちゃんが無くなる
    事。ワンちゃんを愛している
    方ならわかりますよね。

    実にMAYさんも売れ残りの
    ワンちゃん。でもこの子は
    私の為に待っていてくれた
    と思ってますもん。
    • MAYちゃん父さん
    • 2012/01/31 12:13 AM
    MAYちゃん父さん こんばんは
    MAYちゃんの調子よさそうですね
    優しいお顔見てほっとしました
    これからも元気で走り回れるといいな
    でも、完治するまでは用心、用心!!

    年老いてからもワンちゃんとともに過ごせるしあわせ
    なんか夢みたいで心があったかくなります
    もう夢じゃなく現実になってるんですよね
    ワンちゃんと人との絆ってやっぱり固くて
    やさしいのですね
    • となりのすずりん
    • 2012/01/30 12:35 AM
    こんばんは

    MAYちゃんが元気そうでうれしいです。
    この調子でどんどん元気になってほしいですね。

    我が家も年寄りがいるので、人ごとではありません。
    半身麻痺の父がシェルと散歩をするのは、
    もう年も年なので、たぶん無理だと思いますが、
    シェルがいてくれると楽しそうです。
    失語症であまりしゃべれないのに
    シェルに何かあげたくて、「これいいか?」
    「じゃあこれは?」とか言ってるのを聞くと
    あげちゃ駄目って言いにくいです
    • シェル
    • 2012/01/29 11:41 PM
    MAYちゃん父さんこんにちは

    MAYちゃん調子良さそうで、良かったですね。

    ほんと、ワンちゃんって可愛いし、とても
    癒してくれますよね。

    でも、可愛がられている一方で、ペットブームで
    可愛そうな目に会うコもたくさんいる、現状もありますよね。

    あんこが来てから、他のワンちゃんも可愛いなと
    思えるようになりました。
    我が家は今、あんこ中心です。

    • あんこしゃんママ
    • 2012/01/29 10:58 AM
    ちあさんへ
    こんばんは!
    ねーハリー君は無くてはならない
    審判犬ですしね。

    今思い返すと、まだ小学校に上がる
    前に捨て子犬を家に持って帰って
    拒否されたんですね。その事が
    ずーっと引きずってた…気が
    します。
    • MAYちゃん父さん
    • 2012/01/28 10:50 PM
    TONTONさんへ
    こんばんは!
    表紙は「メロンちゃん」と言う
    雑種だそうです。保健所の譲渡会
    で選ばれ、施設で訓練をして、
    元気に働いているそうです。
    特別なワンちゃんでなくても
    その子の性格、忍耐強さ、
    先輩犬からの教えで成長して
    行くそうです。
    犬のぬいぐるみでは駄目!
    温かい血の通ったもの同士
    だから分かる母性、感情を
    呼び戻してくれるそうです。
    • MAYちゃん父さん
    • 2012/01/28 9:56 PM
    MAYちゃん父さん、こんばんは

    MAYさん、元気でうれしいです
    注射は嫌だけどね~。でもどんどん回復に向かっていってほしいです。
    ワンちゃんは、本当に癒やしの力を持っていますよね。我が家なんて、家族崩壊をとめてくれる最後の砦ですしね~。
    私は犬が苦手だったんですよ・・昔、大きな犬に体当たりされて、触ることもできなかったんで・・でもこの年になって、ようやくワンちゃんの可愛さとその秘めた力にすっかり魅了されてしまいました。犬を飼うこと、サイコーですね
    • ちあ
    • 2012/01/28 9:12 PM
    おはようございます

    そちらでも雪が降ったのですね。
    ココの所関東は寒いですがよい天気です。

    MAYさん元気そうで良かったです。
    まだ完治してない様ですがこの調子で回復してくれると
    期待しています。

    ワンちゃんの力って凄いですよね。
    レオに心を救われた私です。レオのおかげで色んな友達が出来
    楽しみを沢山もらっています。

    レオが私の専用セラピードッグの様にきっとそれぞれの家庭で
    ワンちゃんは専属のセラピードッグの役割を
    しているのでしょうね。
    • TONTON
    • 2012/01/28 8:50 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック